· 

体癖withコロナ②~左右型(消化器型)~

 

前回のブログから始めました体癖withコロナシリーズの続きです。

 

前回は上下型(頭脳型)の体癖1種・2種について書きました。

 体癖withコロナ➀~上下型(頭脳型)~

論理思考型、考えてからじゃないと動けない、人の目を気にする、主観よりも客観を重視する…などがあてはまる方は上下型の要素アリです。

 

 

 今回は左右型(消化器型)の3種・4種について書いていこうと思います。

 

 

体癖とは、野口整体の創始者、野口晴哉先生が、重心の偏りや身体つきから、共通する生理的感受性や心理的感受性を分類したものです。

 

特定の腰椎の運動特性から1~10種に分けたもの+身体の反応のスピード(過敏タイプ11種、遅鈍タイプ12種)の全12種に分けたものです。

 

体癖withコロナシリーズでは、1~10種の各体癖のことや、時代に即して、新型コロナ騒動の今、体癖別おすすめの過ごし方などを、私の独断と偏見で書いています。

 

体癖はメインの体癖、サブの体癖、潜在的体癖など各々2~3つ持っていると言われています。

あまりご自身(または別の誰か)の体癖を1つに決めすぎず、「自分は(あの人は)、どの体癖要素が強いかな~?」とゆるく楽しんで頂ければと思います。

 (各体癖の概論は、たくさんの出典から良い部分が抽出してあり、なおかつ中立性も高かったWikipediaからの抜粋になります。)

 

 

 左右型 体癖3種・4種

3種は環境や対人の適応能力が高い。丸く、柔和な印象を与える。
3種は環境や対人の適応能力が高い。丸く、柔和な印象を与える。

腰椎2番でバランスを取り、生理的な好き嫌いの感情が感受性の中心である。

左右のどちらかの足に体重が大きく偏る。したがって靴底は片足だけが減りやすい。

消化器を中心にした空間感覚で、空間に対する対立感が弱く、やわらかいコミュニケーションを得意とするのが特徴だが、これはふつうの人が会食をすることで緊張をとろうとする効果とよく似ている。

 

☆3種は胃腸が丈夫で食欲旺盛で料理好きであり、風邪を引いても食欲がなくならない(心理的に盛りあがっても落ち込んでも大食して発散)

食欲が歩いている」と言うくらいで、嬉しい時でも哀しい時でもよく食べる。

感情表出が豊かで人当たりがよく、対人関係が得意。

片付けが苦手。記憶力は良い(理解しなくても記憶ができる)が、部分だけ見て他を忘れる傾向がある。

色彩感が豊かで、音楽を聴くと音色に注意が行く。

理屈には弱い方で、物事を好き嫌いだけで判断する傾向が強い(この点で何もかも理屈で説明しようとする1種とは対照的だが、互いに理解できないだけに1種と3種の相性は非常によいとされる)。

権威ある人の話などを鵜呑みにしやすく、流行やブランド志向が強い傾向にある。

体型や顔はやわらかく丸い印象があり、腰が細く、色白の美人が多い。

庇われなくてはならなくなるような容貌や、甘え方が身についているとも言える。

男性と女性ではかなり印象が違って見えることが多く、男性の場合は清濁合わせ飲むというこだわらない性質が目立つ。

叱られた時に、叱られている内容よりも、声の色や相手の感情に反応してしまうため、説教が通じにくい。

多くの女性は程度の差こそあれ3種体癖の要素を持っているとみなす考え方があり、女性特有の感受性・思考特性として語られる特徴の多くは3種体癖の特徴であるとされる。

☆4種は感情的なのだが、内向しやすい。

 

感情の起こりは速いが持続が出来ず、怒ってもすぐ後に笑っていたりする

 

いつもなんとなくニコニコしていて、感情がよく分からない印象であるが、悪い感情は表に出ないまま残っていて、生理的な面に影響しており、周期的に下痢をおこしてバランスをとる

 

3種と異なり、興奮や緊張したり疲れたりすると食欲が落ちる

 

痩せ気味で骨ばっており胸板が薄目、背中がまっすぐな姿勢のことが多く、やや怒り肩に見える場合が多い。

太れない

 

ファッションセンスがよく、清潔感を重視する

 

マゾヒズム傾向があり、泣ける映画を観て一緒に泣いて発散したり、人から怒鳴られたりハッキリと言われたりするとスーッとしたりする

 

動き全体が直線的で硬い

 

ここからは、捻れ体癖8種メインの私が、左右型3種、4種に対して思うことを徒然に書いていきます。

 

3種は時代、環境、人への適応力がずば抜けて高いです。

 

また、守ってあげたいと思わせる愛される性格の方が多いです。

 

上の体癖3種の著名人として、私の独断でお笑い芸人のハライチ澤部さんを載せました。

 

ハライチの代表的な漫才のあり方(岩井さんの突発的なボケに、澤部さんが突っ込まずにどんどん適応して笑いを誘っていく)は澤部さんの体癖、キャラクターを本当によく活かしてると思います。

 

しかし、3種は見方によっては自分のこだわりがない、強く言ってしまうと「自分がない」ようにも見えます。

 

3種の女の子同士がおしゃべりしているのを聞いていると、小鳥がさえずっているみたいでとっても可愛いのですが、話の結論はほとんど出さずに、どんどん話題が移っていきます。

 

私は心の中にオジサンがいるのを自覚してるのですが、心の中のオジサンが「あの女の子、可愛いなぁ」と思うのは大抵3種の女の子です。

 

3種の女の子と甘いものを食べながら、結論を急がず、うんうんと相槌を打って話を聞きつつ(3種女子の話は答えを出さず、聞くことが大事)、まれに思っていることを率直に言うと、

 

「狩野さんてどうしてそんなに落ち着いてるの~?私、狩野さんみたいな人が好き~」と嬉しいことを言われ、どっちがてのひらで転がされているのか分からない状況に陥ります。

 

 

細身、左肩上がり、清楚でどこか儚げな印象を与える4種
細身、左肩上がり、清楚でどこか儚げな印象を与える4種

 

Perfumeのかしゆかさん、この写真は4種の傾向がよく出ています。

 

4種は楚々としていて繊細、あまり主張せず、優しい人が多い印象です。

 

誰かや何かに危害を加えることとは、一番縁遠いのではないでしょうか。

 

控えめで優しい分、本当は何を考えているのか周囲からは分かりづらく、ミステリアスな印象を与えます。

 

しかも本人ですら自分が本当はどうしたいかが明確に分からないまま、嫌なことをお腹にためてることがあります。

 

竹久夢二さんが描く女性、いわゆる夢二式美人は4種が多いですねー。

 

きっと、夢二さんの好みの体癖タイプなんでしょうね。

 

4種の女性はしとやかで、浴衣や着物が似合う和服美人が多いです。

 

男性もどこか中性的だったり、大人しい、いわゆる草食系男子だったり、細身でおっとり、でもミステリアスな感じの方が多いですね。

 

 

私は4種女性に対しては「思っていることをもっと言いなよ!話なら聞くからさ!」と思うことが多く、

4種男性に対しては細身の方が多い為、「もっとごはん食べな!」と思うことが多いです。

(思うだけで言えません、なんだか4種は特有の闇を感じることがあります。)

 

 

そして、この新型コロナ騒動において…

 

3種の方は、「怖いなあ」と思いつつ、なんとなく器用に立ち回れていることでしょう。

 

キラキラしたもの、色彩感覚が優れている方が多いので、インスタ映えするマスクを着けたり、除菌グッズをお洒落にデコレーションしたり、マスクで隠れない部分のメイク(アイメイクやネイル)を夏仕様にしたりキラキラさせたりすると、気分が上がるかもしれません。

 

また、食べて発散する傾向にあるので、遠出できない分、ご当地料理や流行りのお菓子などをお取り寄せしてみてはいかがでしょうか?

 

料理すること自体が好きという方は、心がわくわくする調理道具や調味料に凝ってみると良いかもしれません。

 

 

4種の方は、コロナ騒動に「巻き込まれている」感じがするのではないでしょうか。

 

自分がそこまで恐れていないことでも、主張の強い人が発するコロナ恐怖の圧や繰り返される報道に、見えないダメージを溜めているかもしれません。

 

4種はストレスや精神不安がたまると、肋骨の下が痛んだり食べられなくなったりすることがあります。

 

また、卑屈になったり、他者の言動が自分を批判しているような気がしたりしたら(被害者意識が強くなってきたら)、意識的に発散しましょう。

 

自己発散が苦手な4種は、日頃から、胸の内を素直に話せる人や心から安心できる環境、泣ける映画や感情が動く音楽を見つけておくのが発散の鍵となります。

 

今までと違うコロナ騒動の環境の中で、そうでなくても4種はストレスや不安を溜めがちです。

 

体が悲鳴をあげる前に、意識的に自己発散することをおすすめします。

 

 

体癖withコロナ、まだまだ続きます。

次回は前後型5種・6種です。