· 

なぜ身体の先端からの整体なのか

ひどい肩こりのお客様でも、歩くのが困難な腰痛のお客様でも、肩や腰を重点的にマッサージすることはありません。

それどころか、最初は肩も腰もほとんど触らないでしょう。

 

何故なら、「そうなった(肩こりや腰痛)のには別に理由がある」というのが、私の整体の立ち処だからです。

 

例えば、右の肩こりがひどく、右腕もなんだかつるように痛いとおっしゃるある40代女性。

施術前に骨盤を見ると右の腸骨が左に比べ上がり、肩の高さは左よりも下がっています。

 

これは何を意味するのでしょうか?

 

骨盤の腸骨が上に上がるのは、腰から上にある筋肉、または背骨によって上に上げられる力が働いているからです。

では、その筋肉や背骨を上に上げている犯人は誰なのか?

 

これは辿っていくと、彼女の場合は右手の中指でした。

お聞きすると右手の中指はドアにはさんだことがあるとのこと。でも、ずいぶん前のお話しです。と彼女は不思議そうな顔をされました。

しかし、その中指は他の指に比べて、曲がり方が少し不自然です。指先に、こわばったような小さな捻じれが生じています。

 

ここで、この文章を読んでくださってる方に実際に試してほしいのですが、右手中指を左手でつまみ、軽く引っ張ってみて下さい。

指だけでなく、肘、腕、肩、と引っ張られる感じがあると思います。

感覚が鋭い方なら、鎖骨や肩甲骨が引っ張られるのも分かるでしょう。

つまり、身体の先端からの引っ張りは、全身に波及するのです。

 

彼女の中指の先端を、角度を微調整しながら優しく触れていきます。

そうすると、小さくうねるような動きが中指の指先に出てきます。

ぱっと見ただけでは分からない指先のこわばりですが、指は身体の中でもとりわけよく使う部位です。

こわばって動きが悪くなっている指先の筋肉に引っ張られるように、肘、腕、肩の筋肉も少しずつ動きが悪くなります。

筋肉の動きが悪くなると、血流やリンパの流れを阻害したり、骨の位置に小さなずれがでます。

それによって、腕がつるように痛み、肩こりもひどくなってしまったのでしょう。

 

指先から、手首、肘、肩関節、鎖骨と先端から順番にゆるませていきます。

動きが鈍くなっているお腹、膝、足首まで調整したところで、彼女に右腕を回してもらいます。

 

「肩がウソみたいに軽い!腕も痛みがほどんど無いです!不思議~」

 

とおっしゃって下さいました。

 

それまで肩こりがあまりにつらいと、もみほぐしのお店に行って強い力で揉んでもらっていたようです。

お店の人も本当に頑張ってやってくれてるし、その日は楽になった気がするんですけど、翌日くらいから揉み返しがあるんですよねーともおっしゃっていました。

 

確かに、肩こりがひどいと強く揉んでもらいたくなる気持ちはよくわかります。

でも、肩や背中はあくまで中継地点で、今回の本当の肩こりの原因は指先にあるのです。

指先をなんとかせずに、肩や背中を強い圧で揉んでも、そこの筋肉を揉み返しという形で痛めてしまうだけです。

本当の原因(今回の場合は指先)が分かれば、身体はやさしく触れているだけで整っていきます。

表にでている肩こり、腕の不調だけでなく、骨盤や膝、足首といった身体の土台も整えられるのです。

 

 

今回は肩こりを指先から改善させた例ですが、このようなことは多くあり、大体の施術は手や足の指先、頭部などの身体の先端から始まることが多いです。

あとは、やはり過去に大きな衝撃を受けた古傷…でもこれも、そこに対応するような身体の先端を探し、先端と古傷の筋組織をゆるませながら全身を調整していきます。

 

このようにCosmosの全身調整は表出している不調だけをなんとかしようとせずに、先端から全身のバランスを整えていくと、結果的に不調が解決するという道筋をたどります。

繰り返す重い肩こりやその他の身体の痛み、原因不明のだるさ、疲労感など、ぜひご相談下さい。